ペットショップに行こう!

最近癒しが足りない…とお嘆きの方におすすめしたいお店があります。 しかも手軽にいけて、お金をかけずに癒しを堪能できるオススメの場所、ペットショップです。子犬、子猫、ハムスターやモルモットの小動物などにいつでも会うことが出来ますよ。 実は私も犬を2匹飼っています。でも、癒しが足りなくなった時にはペットショップのショーウィンドウをボーっと眺めています。 飼っている犬たちからも日頃からたくさんの癒しをもらっていますが、飼うためのお世話や責任も一緒に付いてきます。悪いことをすれば叱らなければならないし、お天気が悪くても毎日のお散歩にも連れて行ってあげなければいけません。 しかし、ショップにいるまだ赤ちゃんの犬や猫たちはお世話をする必要がないので、癒しのみ堪能することが出来ます。普段なら叱らなきゃいけない行動も、1つ1つが微笑ましく見えてきちゃいます。よちよち歩いていたりちょっとした仕草を見るだけでも可愛いですよ。また、お店によってはゲージに入っている子を抱かせてくれるところもあります。飼わないからそこまでは出来ない場合でも、お店の中に大きなゲージを設けて犬を遊ばせているところもありますので、そこで触れ合うことも出来ます。ちょっと覗くだけでも癒されますので、ぜひ試してみてください。

管理人のお気に入り

ペットショップにはペットはもちろん、ペット用の服やおもちゃなども売られています。種類も豊富であなたのペットにあった物が見つかるかもしれません。

子猫の販売はブリーダーから直接がよいです。ブリーダーに飼い方や躾の仕方を教われるのでとても便利です。

子犬を神奈川で手に入れるには、最寄りのペットショップかブリーダーのところに行って購入する方法があります。

ペットショップで働きたい

動物が好きな方であればペットショップで働いてみたいと一度は考えるものではないでしょうか。しかし一言でペットショップといってもペットの為の小物を扱う店や犬や猫などの生体を扱う店、トリミングや病院などを併設した大型店など実に様々な店舗があります。 色々な種類の店舗がある以上そこで働くスタッフにも多岐にわたる業務が課せられるので様々な技術や知識が必要になります。 一般的な業務内容としてはペットの購入を考えているお客様の接客、ペットフードなどの商品の管理や陳列、店内の清掃などがあり、生体を扱っている店舗なら犬や猫などの世話も業務に含まれます。 なお、ペットショップで働くのに絶対に必要になる資格はありません。しかし生体のお世話などが業務に含まれている場合は状況次第で的確な判断が必要になる時があります。 動物看護士や動物介護士、トリマー、ドッグシッター、ペット飼育アドバイザーなど資格を取っていれば生体のお世話の時に非常に役に立ちます。 またお客様が購入されたペットについての知識やしつけの仕方、上手な育て方、健康管理などのアドバイスを求められることもありますので、豊富で幅広い知識を身につけることが重要になります。